ニキビに対する既存の治療法とアグネスという最新の治療法について

ニキビの治療方法はいくつかあって、その中からできているニキビの種類によって治療法を決めていました。

どの治療法もニキビの根本治療ではありません。

最近になって新しい治療方法も出てきているのですが、今までのニキビ治療はどのようなものがあるのかもう一度見てみましょう。

・外用薬による治療法

ニキビ治療には、外用薬を用いた治療法とそれ以外の治療法に分けられます。

外用薬による治療というのは、抗生物質、レチノイド製剤、硫黄製剤、漢方製剤、サリチル酸製剤、過酸化ベンゾイル製剤などの処方により治療をするものです。

ニキビに直接塗布するものになります。

・外用薬を用いない治療法

外用薬を使わない治療法では、ホルモン治療、ピーリング、局所注射、レーザー治療、イオン導入、面皰圧出、光治療などがあります。

ホルモン治療は薬が合えば根本治療は可能ですが、その他の方法は対症療法になり、再発する可能性があります。

これらが今まで行われてきた治療方法ですが、最近になってアグネスという新しい治療法が加わりました。

アグネスは高周波電流を皮脂腺に流すことで皮脂腺を破壊する為、一時的な対処ではなくニキビの再発も防ぐことが出来るのです。

・アグネスは注目の治療法

美容外科、美容皮膚科が積極的に取り入れているアグネスという治療法ですが、効果が早く現れ、ニキビの根本治療ができるというのが良い点です。

加えてどんなニキビにも対応できるので、アグネスは今注目の治療法となっています。

ただし、アグネスはまだまだ新しい治療法のためすべてのクリニックで行われているものではありません。

気になる方はニキビの治療にアグネスを導入しているクリニックで一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。