うつ病の治療に使われる抗うつ薬とはどんな薬?

うつ病の治療で使われるのが抗うつ薬です。

これはうつ病の治療の代表的な薬で、良い効果がみられるものです。

しかし抗うつ薬について知らない人は多く、飲むのに不安だという声もよく耳にします。

抗うつ薬とはどんな薬なのか、副作用はあるのかなどを知っておきましょう。

《抗うつ薬の効果》

うつ病は、脳内の神経伝達物質が原因で起こると言われています。

神経伝達物質はストレスを受けると減ってしまいます。

減ると気分が落ち込んだりやる気がなくなったりします。

この神経伝達物質を増やす効果があるのが抗うつ薬なのです。

《抗うつ薬の種類》

抗うつ薬には「三環系」「非三環系」「SSRI」「SNRI」に分類されています。

この中には、セロトニンに作用するもの、セロトニンとアドレナリンに作用するものとがあり、医師の判断によってどの抗うつ薬にするかが決められます。

《副作用はあるの?》

抗うつ薬は副作用が強いのではと不安な人も多いでしょう。

飲み始めてすぐは吐き気やむかつき、便秘などが現れますが、体が慣れてくると治まります。

三環系、非三環系は眠気やふらつき、めまい、のどの渇きなどが現れます。

SSRIやSNRIは副作用が少ないのですが、子どもに飲ませると自傷行動などの副作用がみられるので服用は禁止されています。

副作用が強いからと勝手に飲むのを止めたり、あまり効かないからと勝手に量を増やして飲んだりするのは危険です。

必ず医師と相談しながら飲むようにしましょう。

そうすれば怖いものではありません。

正しく使えば効果的な治療ができます。