うつ病を悪化させないためには

うつ病は治るまでには時間がかかるものですが、悪化するのは早いと言われています。

うつ病の悪化の原因と、それを防ぐ方法とはどのようなものなのでしょう。

悪化の原因とその予防についてまとめています。

《悪化する原因》

うつ病が悪化してしまう原因として考えられるのが、うつ病を放置してしまうことです。

自分が今休んだら迷惑をかけるといった責任感の強さが災いし、うつ病にかかっていてもそのまま休まずに仕事をするために悪化してしまいます。

他の病気でも放置すれば悪化しますが、うつ病も治療せずに放置すれば悪化してしまうのです。

また、治療中の人でも早く治したいと焦ってしまうとかえって悪化します。

少し良くなれば治療を止めてしまったりするので、それが悪化の原因となるのです。

《悪化を防ぐ方法》

うつ病の原因にはストレスが大きく関係しています。

ストレスは仕事や人間関係、病気などで溜まることが多いです。

自分は何に一番ストレスを感じているかを考え、それを遠ざけることがうつ病悪化の予防になります。

仕事がストレスであると感じているなら、しばらく休暇を取って仕事を忘れるようにするのです。

うつ病が重くなると何がストレスかがわからなくなっていますので、専門家と一緒にストレス要因を探し出し、排除するようにしましょう。

《とにかくリラックス》

うつ病の休養中はとにかくリラックスすることが一番です。

自分が一番落ち着けるなと感じるところで、何も考えずに休むことが大切です。

早く治そうと焦るのもストレスになりますので、「なるようになるさ」というような気持ちでいることが大切ですね。