子どもにもあるうつ病について

うつ病は大人の病気だと思われていますが、子どもにもうつ病はあります。

子どものうつ病の原因、と症状、治療法についてまとめましたので、参考にしてください。

《子どものうつ病の原因》

子どものうつ病は、脳の働きに異常が起こることで発症すると言われています。

脳の神経伝達物質が減少することで、感情のコントロールができなくなり、うつ病を発症します。

神経伝達物質が減少する原因として挙げられるのが、進学に関する悩みや受験、いじめ、両親の離婚などです。

強いストレスを感じることで、うつ病になってしまいます。

《子どものうつ病の症状》

子どものうつ病の症状は、こころとからだのいずれかか両方にあらわれます。

こころの症状は、焦りや不安を感じたり、憂うつになる、イライラする、キレやすいなどがあります。

からだの症状は頭痛や肩こり、便秘、下痢、腹痛、微熱などがあります。

ひどくなると息苦しさを訴えたりします。

《子どものうつ病の治療法》

子どもがうつ病になってしまったら、とにかく休ませてあげましょう。

医師の診察を受けて適切な薬物治療、精神療法などが行われます。

無理に学校に行かせたりすることなく、とにかく治療を優先して休ませることが大切です。

子どものうつ病の治療は、大人のうつ病と同じ方法で行われます。

薬は子どもに合ったものが処方されますので安心してください。

うつ病はしっかり治療をすれば治りますので子どもの場合は親がしっかり見てあげて完治を目指しましょう。